妊娠中と妊活時に飲みたいおすすめの葉酸サプリ

妊活中と妊娠中に欠かせない葉酸サプリとは

日々の生活を快適に過ごすためには、健康な体づくりはとても大事です。そのため、新しい命を育む時には、いつも以上にたくさんの栄養を摂ることが重要になります。健康維持や皮膚や筋肉、骨などの体づくりに欠かせないタンパク質や脂質、炭水化物といった三大栄養素をはじめ、ビタミンやミネラルなど、色々な種類をバランスよく摂取しなくてはいけません。その中で、妊娠初期や妊活中に必ず取っておきたい、必要性の高い成分が葉酸です。
葉酸は水溶性ビタミンで、ビタミンB群に分類されています。葉酸という名前は、このビタミンがほうれん草から発見されたことが由来となっています。葉酸は細胞分裂やDNAの合成と再生、赤血球の生成などに深く関わっている成分で、成長や代謝に欠かせない成分です。
葉酸が不足すると、赤血球の生成が滞るので貧血をおこしたり、病気やウイルスなどにより細胞が破壊された時に遺伝子情報を正確に伝えられなくなるので、再生がうまくいかなくなり細胞がガン化してしまうことがあります。
葉酸は単独よりも、ビタミンB6やビタミンB12、ビタミンCと一緒に摂取すると、相乗効果により働きが高まります。血液中には「ホモシステイン」というアミノ酸が存在していて、血中にたまると血栓ができやすくなるため動脈硬化が進んできます。葉酸・ビタミンB6・ビタミン12には、ホモシステインを減少させる作用があるので、血の巡りを良くする働きがあります。ヘモグロビンの生成を促進する作用もあり、ビタミンCは鉄分の吸収を高める働きもあるので、貧血の予防にも役立ちます。これらはすべて水溶性ビタミンなので、たくさん摂り過ぎても体内に蓄積されることはなく、尿と一緒に体の外に排出されます。
葉酸を含んだ食品には、牛や豚、鶏のレバー、海苔、わかめ、たたみいわし、きな粉などがあります。特に、レバーと海苔の含有量は多くて、こうした食品をできれば毎日摂りたいところですが、同じ物を毎日食べるのは大変ですし、色々な食品を選んだとしても葉酸の含有量が少なかったりして、1日に必要な量が摂取できなくなる可能性もあります。1日に必要な葉酸は、成人で240μgとされていて、授乳中は280μg、妊娠中は400μgの摂取が推奨されています。
水に溶けやすい葉酸は調理方法で減ってしまうことも多く、生の状態で含まれている含有量を参考にしても、調理後の葉酸は半分以下になっている場合もあります。毎日欠かさず一定量の葉酸を補給するには、葉酸サプリの利用がおすすめです。葉酸サプリの種類は色々あって、葉酸以外の成分にそれぞれの特徴が出ているので、妊活中や妊娠初期に必要な量の葉酸を摂りながら、美容や健康のためのサプリとして活用できます。
また、葉酸の種類にも天然由来や合成などがあるので、それぞれの成分を確認して、自分にピッタリの必要性の高い葉酸サプリを探してみましょう。

妊活時や妊娠中の葉酸サプリの必要性

葉酸サプリは妊娠する可能性の高い女性に対して、必要な量を摂取するように厚生労働省からも勧められています。他のビタミンやミネラルなどの栄養も体づくりには必要な成分ですが、こんなにも葉酸の必要性が説かれているのは、胎児に対するリスクが関係しています。
妊娠中は、細胞分裂が活発におこなわれています。細胞の合成に影響のある葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害を発症する可能性が高くなるのです。神経管閉鎖障害では、胎児が生育する過程で作られる、脳や脊髄といった中枢神経の基になる神経管が正常に形成されないことによって、先天的な問題が起こります。
神経管閉鎖障害は障害が発生した部位によって、2つの症状があらわれます。神経管の下部分に問題が発生した場合には、「二分脊椎」という病気になってしまいます。これは脊椎の骨と脊髄の後にある椎弓という骨に形成不全が見られるもので、髄膜が突出してコブになったり、下半身の感覚麻痺や運動障害、頭に脳脊髄液がたまって脳が圧迫される水頭症などを引き起こします。
神経管の上の部分に問題が生じると、「無脳症」という病気になります。この場合、体は通常通りに成長していきますが、脳が縮小してたり、脳が形成されないままの状態になっていて、頭蓋骨自体が形成されない無頭蓋症になることもあります。
無脳症は、妊娠して4ヶ月を過ぎた頃におこなわれるエコー検査で判明します。丸みを帯びているはずの胎児の頭の形が、変形しているように見える場合は無脳症の疑いがあるため、さらに血液や羊水を採取して診断が下されます。
神経管閉鎖障害は色々な要因が重なって発症しますが、主な原因が葉酸不足だと考えられているので、発症のリスクを避けるために、葉酸の必要性が高まっています。
日本国内で、まだ葉酸の必要性が広まっていなかった1980年代から1990年代は、神経管閉鎖障害は年々増加している傾向がありました。神経管閉鎖障害と葉酸の関連が明らかになり、対策が進められていたアメリカやイギリス、ニュージーランドなどの諸外国では、葉酸サプリの利用が功を奏して、大幅に減少しました。
この結果を重視した厚生省(現厚生労働省)は、2000年から葉酸の摂取を推奨するようになりました。その内容は、少なくとも妊娠する可能性のある1ヶ月前から、妊娠3ヶ月までは1日に400μgの葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクが軽減される、というものです。さらに成分が水に溶けやすく分解されやすいことにも触れていて、摂取方法に工夫が必要だという指摘があります。
リスクを回避するには、妊娠がわかる前から葉酸を摂取しておくことが大切なので、計画的な妊娠はもちろん、突発的な妊娠にも備えて葉酸サプリを利用しておくと安心感が高まります。

 

葉酸サプリの効果を高める方法とは

水溶性ビタミンの葉酸は、摂取した成分を体に留めておくことはできないので、神経管閉鎖障害のリスクを避けるには一度にたくさんの葉酸を摂るよりも、必要量の400μgを毎日欠かさず摂取することがポイントになります。
葉酸は食品にも含まれているので、葉酸サプリから摂取する分も含めて1000μg未満が適量とされていて、上限摂取量は1300〜1400μgとされています。妊娠前や妊娠初期は特に多めに摂った方が良いので、厚生労働省も葉酸サプリの使用を推奨しています。
サプリを飲むタイミングですが、基本的にはいつでも好きな時に飲めます。薬は服用時間が決まっているので成分の作用を高める飲み方として、食後30分以内などと決められていますが、サプリは栄養補助のために利用するので、こうした決まりはありません。
ただ、効率的な飲み方としては1日3粒だった場合、1度に3粒飲むよりも朝、昼、夜に分けて1粒ずつ飲んだ方が成分を活用しやすくなります。葉酸をたくさん含んだ食品と一緒にサプリを一気に飲んだ場合、摂取量が十分になると体外に排出されてしまうので、せっかく摂った葉酸がムダになってしまうケースもあります。1日分を小分けにして少しずつ成分を吸収していくことで、葉酸が効率的に吸収されて、栄養もバランスよく摂取できます。
空腹時は栄養の吸収力が高まりますが、成分の凝縮されたサプリは胃がからっぽの状態で飲んでしまうと、消化液が少ないため胃に負担がかかり、胃もたれや胃痛をおこしてしまうことがあります。胃腸が弱くて胃を傷めずに成分の吸収を高めたい時は、食間または食後30分以内に飲んでみましょう。サプリを飲むときは、なるべくコーヒーや牛乳、ジュースなどでは飲まないようにして、水または白湯で飲むようにします。
つわりがひどいと、固形物が飲み込めなくなることがあるので、サプリを飲み込もうとしても気分が悪くなって吐き出してしまうことがあります。妊娠中は味はもちろん、ちょっとした香りにも敏感になってしまうので、色々試してみて飲みやすいサプリを選びましょう。匂いに敏感な方は、コーティングしてある錠剤やゼラチンなどで成分をくるんだソフトカプセルが最適です。飲み込みにくいという場合は、粒の小さいタイプが最適で、1日に飲む粒の量が少ないものを選びましょう。
どうしても飲み込めない場合は、粉末タイプの葉酸を選んで好みのジュースに溶かしてみると、飲みやすくなります。妊娠中のストレスはなるべく避けたいので、無理をしてサプリを飲んで必要量を取ろうとするよりも、飲みやすい方法で摂取していくほうが、母体にもおなかの赤ちゃんにとっても良い方法です。
妊娠中はホルモンのバランスが崩れるのでストレスを感じやすくなってしまいます。ストレスはおなかの赤ちゃんの発育に影響してくるため、美容効果などプラスαの作用が期待できるサプリなら、楽しみながら飲めます。

葉酸サプリを飲んで得られる効果

葉酸が配合されたサプリを飲む大きな目的は、先天性異常を予防して胎児の健康を損なわないようにするためです。でも、葉酸サプリの作用はそれだけではありません。
葉酸には、細胞分裂を促して赤血球を作る働きがあります。赤血球は全身に酸素を供給する役目があるため、体内の赤血球が減ってしまうと、酸素が十分に供給できなくなるので、貧血を起こしたり、動悸やめまい、頭痛や倦怠感などの症状が出てきます。顔色も悪くなってくるので、不健康な印象を与えてしまうこともあります。葉酸と鉄分、ビタミンB群を取ることで、赤血球を生成する働きが高まるので、症状の解消に役立ちます。
また、受精卵が着床する子宮内膜は胎児のベッドになる部分で、血液の質を高めることで子宮内膜のをふっくらした状態にするので受精卵が着床しやすくなります。さらに、質の良い血液ができると血行が促進されるので、受精卵が成長しやすくなります。そして、赤ちゃんに与えるための母乳は血液からできているので、出産後に母乳が出やすくなります。
代謝に深く関係している葉酸は、出産後の母体の回復を早めてくれる作用が期待できます。葉酸が不足すると、粘膜にトラブルがあらわれて口内炎などができやすくなるのですが、粘膜はダメージを受けやすい部分なので、細胞の再生や修復が頻繁に行われています。葉酸が足りていると、鼻や喉、口など目立った粘膜の他にも、胃や腸、子宮内膜などの内部の粘膜の代謝も活性化してきます。
葉酸はパントテン酸と一緒に摂取すると色々な作用をもたらします。パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれている成分で、エネルギー代謝に関わっている成分です。脂質や糖質の分解を促進してエネルギーの生み出す作用があり、葉酸やビタミンB6と一緒に免疫力を高める働きをします。葉酸サプリでは、相乗効果が期待できる成分が配合されていることが多いので、色々なお悩みの解消に役立ちます。
サプリに配合されている葉酸には、ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸の2種類があります。モノグルタミン酸は自然界に存在する葉酸で、野菜などの食品に含まれている成分です。モノグルタミン酸は一般的に、合成葉酸と呼ばれている成分です。
どちらも同じ葉酸ですが、構造と摂取から吸収までの流れに違いがあります。ポリグルタミンを摂取すると、消化酵素が一旦モノグルタミン酸に分解してから吸収されます。一方モノグルタミン酸はそのまま吸収されるので、効率よく摂取できます。例えば同じ量の葉酸を取った場合、モノグルタミン酸は成分の約85%が吸収されますが、ポリグルタミン酸は分解の過程で約50%まで減ってしまいます。
化学的な物質から作られているイメージの強い合成葉酸ですが、原材料が天然由来成分の場合もあり、パセリなどから成分を抽出して、吸収しやすいように合成している場合もあります。

葉酸サプリを利用者の評判と口コミ

葉酸サプリはたくさん種類があるので、どれが自分にとって最適なサプリなのか迷ってしまいます。妊娠前から出産後まで長く飲み続けられるサプリを探すなら、口コミで選ぶ時のポイントを確認してみましょう。
食べ物から必要な葉酸を摂取するという方もいるようですが、やはり必要量の葉酸を手軽に飲める葉酸サプリは人気となっています。妊娠前や妊娠初期から飲み始めるケースが多く、妊活の場合は夫婦揃ってサプリを飲む方も増えています。
女性のためのサプリ、と考えられている葉酸ですが、妊活中の男性にも効果的で、精子の染色体異常を抑えてくれる作用が注目されています。さらに、夫婦揃ってサプリメントを飲むことで、女性だけの問題ではなくお互いが協力しあって妊活をしているという一体感も生まれるため、妊娠に対する女性の悩みを軽くすることにもつながります。血液の状態を改善する作用もあるので、男性の健康管理にも役立ちます。
サプリを選ぶ時に多くの方が最も重要視しているのは成分です。体に直接吸収されるものなので、母体や胎児の影響を考えて、品質がしっかりしていて安全性の高いものが選ばれています。天然由来のオーガニックを原材料に使用していたり、体に蓄積してしまうような添加物を使用していないサプリは、口コミでの評判も良く人気となっています。そして、継続しやすい価格というのもサプリ選びでは大切です。さらに、「せっかくサプリを飲むからには、キレイになりたい」という女性の願いを叶えてくれる、美容成分が配合されたサプリも人気です。
色々なタイプがある葉酸サプリですが、産婦人科医に勧められて飲み始めるケースも多く、必要な成分がしっかり摂れているという安心感もあって、とても満足しているようです。
「飲み始めてから、つわりがラクになってきた」「妊活のために飲んでいたけれど、体のだるさが取れてきて疲れにくくなってきた」「食事から葉酸を摂っていたのでメニューを考えるのが大変でした。サプリを利用してからは必要な葉酸がしっかり摂れるので、すごく便利です」「サプリを飲んできてから肌がきれいになってきたので、妊活も期待できそう」といった口コミが寄せられています。
そして、サプリの飲み方から妊娠中の色々な不安や悩みの相談にのってくれるなど、購入後のサポートが充実しているサプリも、口コミで高い評価を得ています。妊活や妊娠中は一人で悩みを抱えてしまうことも多いのですが、ストレスは体にも悪い影響を及ぼしてしまうので、このようなサービスがあると安心できます。
どのサプリもそれぞれに優れた特長があるので、成分や添加物、粒の大きさや香り、価格やスタッフのサポートなど、あらゆる面から考慮して、安心して長く飲み続けられるサプリを探してみましょう。

妊活中や妊娠中に飲みたい葉酸サプリランキング

たくさんの種類の葉酸サプリの中でも、特に人気が高く評判の良いサプリメントを、成分や価格、安全性、飲みやすさなどを考慮して、妊活中や妊娠中に最適なサプリをランキング形式でご紹介します。
1.ベルタ葉酸。葉酸の含有量は400μgなので、1日分がしっかり摂取できます。葉酸の原材料には吸収率に優れた天然型酵母葉酸を使用していて、保存料や防カビ剤、香料など体に悪い影響を与える9種類の成分が無添加となっています。鉄分やカルシウムをはじめとする、ビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランスよく含まれていて、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分も配合されています。錠剤は小粒でコーティングされているので、匂いや味も気にならず、サプリ購入後のサポート体制も万全です。
2.AFC葉酸サプリ。長く続けやすい価格が魅力のAFC葉酸サプリは、葉酸400μgに、鉄分、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB6、B12などが配合されています。合成の葉酸が使用されていますが、モノグルタミン酸なので吸収率に優れていて、放射性セシウム検査を実施しているので安全性も高くなっています。粒が小さめなので飲みやすいサプリになっていて、安全性が確認された添加物だけを使用し、合成着色料や香料、保存料は無添加です。
3.はぐくみ葉酸。サプリに配合されいている原材料にこだわりたい方に最適なのは、はぐくみ葉酸です。オーガニックのレモンから抽出した400μgの葉酸の他、配合されているビタミンやミネラルは天然由来のアセロラやサンゴ、ハーブなどが原材料になっています。合成添加物は未使用で、カルシウムと鉄分、亜鉛、葉酸をサポートしてくれるビタミンB6やビタミンCなども配合されています。錠剤の直径は9mmで匂いも少なく飲みやすくなっています。放射性セシウム検査や残留農薬検査もおこなわれていて、安全性の高いサプリメントです。
4.美的ヌーボプレミアム。葉酸と一緒に美容成分をしっかり摂りたい時にピッタリなサプリが、美的ヌーボプレミアムです。400μgの葉酸と血液サラサラ効果や記憶力と集中力アップに役立つDHA・EPAなど、他の葉酸サプリでは珍しい成分が配合されています。ビタミンやミネラルなどの29種類にも及ぶ栄養成分は、すべて天然由来の成分を使用していて、合成添加物は使用していません。放射性セシウム検出検査も行っているため、安全性も高くなっています。1日の目安は5粒になり、色々な形のサプリを飲みます。中には粒が大きい物もありますが、割って小さくできるように中央に溝が入っています。他のサプリと比べると高めの価格ですが、その分成分が充実しています。
ランキング内のサプリは、いずれも400μgをクリアしています。放射能検査もしっかり行われているので、毎日飲んでも安心です。

おすすめの葉酸サプリのポイント・まとめ

おすすめの葉酸サプリを選ぶ場合、どのポイントを重視するかによって、飲みやすいサプリの条件が変わってきます。出産や子育ては何かと出費がかさむので、サプリにかかる費用を抑えたいという時には、「AFC葉酸サプリ」がおすすめです。合成葉酸を使用していますがモノグルタミン酸を使用しているので、天然の原材料にこだわらず、吸収力重視で選びたい時にピッタリのサプリです。
吸収率よりも安全性が優先という方は、「はぐくみ葉酸」がおすすめです。天然成分というだけでなく、化学合成された肥料や農薬を使っていないオーガニックレモンが原材料なので、有害な成分が体に蓄積するリスクを軽減できます。実際に飲んでみて味や匂いが苦手だった時には10日間の返金保証制度が利用できるので、購入しやすいサプリです。
天然成分にこだわり、赤ちゃんの脳の発達をサポートしたり早産のリスクを減らしたい時は、DHA・EPAが配合されている、「美的ヌーボプレミアム」がおすすめです。妊娠4週目にはすでに脳や脊髄などの中枢神経が作られるので、成長に合わせて脳の栄養となるDHA・EPAを摂取しておくと、神経伝達が活性化してくるので、赤ちゃんの頭を良くする働きが期待できます。
成分・価格・安全性・吸収率・飲みやすさの中でどの項目に対しても必要性を感じている方は、「ベルタ葉酸」がおすすめです。ベルタ葉酸はすべての項目に優れていて、管理の行き届いた日本国内のGMP工場で製造されています。皮膚や筋肉などの生成に必要なアミノ酸がしっかり摂れるので、健康的な体づくりにも役立てられます。発酵食品の黒酢もろみや美容効果の高いツバメの巣が配合されていて、細胞の糖化防止に役立つビオチンがたくさん含まれているので、栄養機能食品になっているところもポイントです。
葉酸サプリを毎日摂るなら、定期コースがおすすめです。ベルタ葉酸と美的ヌーボプレミアムは6回以上の購入が定期コースを利用する条件になっています。美的ヌーボプレミアムは通常サイズの他に、送料無料で購入できる5日分のお試しサイズがあるので、こちらを先に利用すると定期コースに移行しやすくなります。
はぐくみ葉酸は定期コースの利用条件はないので、利用しなくなった時はいつでも停止できてお試ししやすいサプリです。AFC葉酸サプリは定期コースがありません。その代わり、3ヶ月分と6ヶ月分のまとめ購入が可能で、3ヶ月分のまとめ購入では10%割引になり、6ヶ月分のまとめ購入では20%割引で購入できます。
妊活中や妊娠中は、葉酸の必要性の高さから何となくサプリを選んでしまいがちですが、それぞれのサプリには独自の特長があります。そして毎日サプリを飲んでいると、成分の過剰摂取が心配になってきますが、妊娠中に飲むことが多い葉酸サプリの場合、配合されている成分の過剰摂取をさける配慮がされています。

 

 


葉酸サプリの選び方 女性に大切な葉酸 葉酸サプリで効率よく摂取 葉酸による副作用 葉酸は美容と健康に効果